KunadonicLiveSpaceSystem

雑記ばらんにザックですよ

Posted on: 2013年2月20日

先日は、幼馴染みのギタリスト、今はスラッカー?の滑り友と3人で、岩殿山へ行ってきました。詳しくはウェブで。 http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-269683.html さて、滑りは比較的順調にクロスフットスピンが 出来るようになりました。クロスが出来ると、弱めの回転からでも高速回転になりますね。それにしても全く見えてこないのがバックスクラッチ。ジャンプの回転に繋がるスピンなだけに、覚えるべきなんですけど。 車のリアガラスのデフォッガー、熱線が2本切れているのを発見。昔はどこでも売っていた熱線補修剤が、今は全く売ってません。ネットで探すと、アメリカ製?が手に入るようです。早速楽天で購入。すぐ直るでしょう。 SVXは今のところ、内装などは概ねオリジナルを保っています。外装は特に灯火の類いは時代的古さをカバーするために、HIDとLEDに変えました。フロントのレンズグリルもあれなので、メタリックのカッティングシートで今風に。ホイールは以前のPIAAにしたい気もしますが、純正のままも悪くないと今は思っています。キャップの塗装は必須ですけど。内装もそんな感じで、LED化する気が完全に失せました。電球色の暖かい雰囲気の方が、SVXの高級感に相応しいんですよね。折角メーターが、古風でぎりぎりシンプルなアナログなんですから。今だからこそ醸し出す、温故知新というか。 SVXはデジタルとアナログの過渡期にあって、どちらかというならデジタルの先駆というポジションにあると同時に、アナログの最高峰という位置付けも成立するように感じます。デジタルはあくまでアナログをサポートする補助的な機器。メカメカしくならないよう、メーターやインパネなどは、残念と評されるほど控えめで古風なアナログ。これは初代のアルシオーネでグロテスクと酷評された、フルデジタルのインパネの反省を踏まえてのものだそうですが。 アナログの利点は、その生々しさ。数値化できない浮動少数、ノイジーともファジイとも思えるしかし、時間軸にリニアな変化。内部は各所に備えられたセンサーによって、複雑なパラメーターに従い制御されています。この車のブラックボックス、独自の装備としては、可変吸気バルブと、VTD-4WDが挙げられます。後の車にもVTDは採用され、他にもフルオートエアコンや4ChABSなども引き継がれましたね。細かいところでは、車速連動の間欠ワイパーなどもそうですね。 そうした程よい自動化が、まるで意思を持ったかのような振る舞いを見せます。それでいて、メカとしての生々しさを持っているから、余計に愛着が出るんですよね。痒いところは自動的。手出ししてほしくないところはドライバーに忠実。この不思議な居心地のよさ。雪道でもしっかり走り、フルブレーキでロックせず、高速コーナーでアクセルを踏み込んでもオンザレールでトレースできるような。可変吸気バルブによって、低回転域と高回転域のそれぞれに、緩やかなピークがあります。これがまた、4速のATと相性がよくて扱いやすいんですよね。大抵の速度で、キックダウンすれば高回転域のピークに乗せられる。一般道なら3速ロックアップ、高速なら4速ロックアップで低回転のピークで静かに優雅に引っ張れる。ステアリングだけに集中していれば、車が穏やかに滑っていくような。 それが成せるのも、水平対向の低重心や、可変トルクの4駆という、スバルのお家芸あってのものでしょう。そのパフォーマンスを知るには、ある程度の速度で普通の交差点を左折してみればわかるでしょうか。テクニックとしては、FFならタックイン、FRならテールスライドといったところ? スバルの四駆なら、アクセル当ててコーナリングフォースを使って。 まあ、コーナーで限界に迫ったりするような車じゃないです。何食わぬ顔で、ノーブレーキでくるっと信号を右左折したり、中央道の坂道でも一定の速度と回転数のままスルスルとカーブを曲がったり。優雅な中にイニシアチブのある、そんな感じなのかなあ。あ、この感覚はスケートに近い(笑)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2013年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

アーカイブ

涼規じゅん

  • 身体が第一なので、色々無理ないように出来る範囲で何かしら頑張りたいなって思ってます(*ノдノ)まずは体調戻さないとだ…。 1 week ago
  • 12月は新刊の宣伝頑張りたいので、宜しくお願いしますー。本文サンプルもあげたいし(;´▽`A`` 1 week ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。