KunadonicLiveSpaceSystem

車中泊と長引くデフレですよ

Posted on: 2013年3月9日

車中泊の経験はありませんが、深夜のロングツーリング(概ね300km越えます)で睡魔に耐えきれず仮眠、ならあります。車で寝るというのはそういうことだという認識が若い頃からあって、今も多分変わっていませんね。

そんな車中泊ですが、知人にもそれを手段として旅行されている方もいます。否定はもちろんしません。ただ、一抹の寂しさと経済的観点からの苦しさは、些か看過できないような気がして、ちょっと書いてみることにしました。

車中泊のコアな年代は50代から60代だそうで。経済的には最も恵まれているだろう世代。社会に出た当時から好景気を知らない世代にとっては、車で長距離の旅行に行くということすらナンセンスに感じられる時代にあって、長引く不景気が背景にあろうことも理解の範疇です。確かにもう少し経済的な余裕があるのなら、いいホテル、いい旅館に泊まりたいはずだし、美味しい食事だってしたい。

「時間や予定に縛られない」とか「着の身着のままで旅行できる」とか、そんなのは別にホテルや旅館に寝泊まりしたって叶う話で、車中泊のメリットではないです。方便にしか聞こえないように感じてしまいます。そもそも観光するなら日中がメインになりますし、そうした観光名所にも営業時間の縛りがある。自然を相手に、例えば深夜に星の撮影をするとか、夜行性の動物を観察するとか、夜釣りをするとかなら、ホテルでは叶わない側面も確かにあります。でもそれを売りとした旅館や民宿などもあるわけで。函館の夜景にしたって、夕食後に車を走らせたっていいですし。

団塊世代がこぞって車中泊なんぞを始めたら、打撃を受ける産業は数知れず。この不況がそうしたものとは思っても、車に客を奪われる宿泊施設の側からすれば、理解はできてもその口惜しさといったらないでしょうね。本来の客を目の前にして。

私が子供の頃、家族で毎年旅行をしましたが、その思い出の中には人との出会いや宿の思い出、郷土料理、温泉にお土産なんかもあります。まさに観光資源でしょう。それが経済的に苦しい地方を支える産業そのものです。車中泊の場合、それらとの接触の機会が大きく殺がれることにもなります。デフレを脱却し、経済的に成長しようと戦略を掲げるご時世にあっては、時代感覚に合わなくなってきたかな?という認識が強くなってきました。

そういえば我が家では、レオーネの前はドミンゴでしたし、その前はサンバーでした。ドミンゴはフルフラットにすればベッドに出来、車中泊も可能でしたが、一度もしたことがありませんでした。キャンプの際もテントを張って寝ました。車で寝るなんて、暴風雨でテントが倒れたりした際などは仕方ないですけど、そういう万が一の避難場所でしかなかったです。豪華なテントがあるんだから、そちらで寝る方がリッチなんですよ。折角自然と触れ合うためにテントを張るのだから、車なんかで寝るのはむしろ貧乏臭い。虫の声や川のせせらぎに包まれて、布一枚隔てて夜風の布団にくるまるのが、キャンプというものでした。

地方のモーテルといえば、日本ではラブホテルという認識でしょうけど(笑)、スポーツカーで遠出をすれば付き物でした。貧乏風情で車中泊というか、若気の至りはありますけど、それは若いからであって、今はさすがに厳しいですね。そういう感覚で考えても、車中泊はないかな。

仮に寝袋があったなら、などと考えたりもしました。登山では早朝から登り始める場合があり、明け方まで車中泊する可能性はあります。その際に快適に過ごせるならと、寝袋を考えていたのですが、いまいちピンと来ません。はっきり言って、夜明け前に家を出るときから登山は始まっているわけで、夜明けに合わせて登山口まで向かうことすら、楽しみなのです。ですから車で寝ることは想定していません。結局車中用の寝袋なんか、不要なんですよね。もちろん宿泊を伴う登山であれば、必要になる場合が出てきますが。

昔、徳大寺さんも似たようなことを言ってたような気がします。車で寝るなんて、と。RVやミニバンの普及でそうした感覚が薄れたことも事実でしょうし、先に書いた通り不況が根底にあるのも理由でしょう。車の使い方や旅の方法など、一々指摘することではないですし、自由であって然るべし、です。

私の愛車は、少なくともそういう旅には似合わないんですよ。トランクスルーでフルフラットにすれば、横になって足を伸ばせるんですけど、夜休む時はホテルの駐車場に停めておくのが推奨される、そういう風格でしょう。だから、売れなかったし市場に受け入れられなかったとも言えますが。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2013年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

涼規じゅん

  • でも温めてたらだいぶよくなってきた(*´Д`*)カイロ様様… 1 day ago
  • #このタグをみた人は好きな天ぷらを答える タラの芽  ナス 今食べたらしぬかなー(;´∀`) 1 day ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。