KunadonicLiveSpaceSystem

Archive for 4月 7th, 2013

若かりし頃(笑)。デートと言えば、箱根か富士山。少し遠くで伊豆とか山梨。楽しかったですねえ(*^^*) そんな頃もありました。そのうち、日常的な都会や町中なんかも出掛けて、まあ趣味と実用を兼ねたところで、カー用品店なんてお店にも一緒に行く羽目になります。そこがまた、デートコースを想定しているのかどうなのか、女性向けの商品も結構あって面白い。女性の店員も多いし、気遣いも感じます。

そんなお店に通うとなれば、自ずと車にも詳しくなります。そうして車のくの字も知らなかった若き乙女は、車を平気で乗り回す心強い嫁へと変貌します。例外はありますが。

そんなことを思い出しながら、今日は行き付けのオートバックスでオイル交換。新しい古い車の、初めてのオイル交換です。

image

エンジンオイルは安いカストロールGTX。これ昔からありますね。この車は、高い化学合成のオイルを入れると、漏れが酷くなるという伝説があります。根拠はわかりません(笑) いずれにしても、オイルが漏れていない状態、という方が圧倒的に珍しいというのが実体験。常に漏れているのがこの車の特徴ですから、漏れなくなったら「オイルがなくなった」と判断できるので安心! というか、漏れていないとかえって不安です(爆)

ついでに、ほとんど交換してないかもな、デフオイルも交換。デフについてはほとんど問題ないと思いますけど。むしろATFですけどね。これは魔物でもあって、ディーラーでの交換でさえ危険視されるほど、危ない橋です。全く交換しないのは論外ですけど、とはいえ最も安全な方法という理論も確立していないような。デキシロンⅡの店頭在庫ってどうなってるのかしら?スバルにこれがあるのかどうなのか。ATの変速時の滑りは、確実に出ています。あの恐怖の現象。これ、ATFの交換程度で直ったりはしないんですよね。でも、放置は尚更危険。ブレーキバンドの磨耗というのが通説ですが。

よくわからない事象ですし、とりあえず深く考えるのはやめます。壊れるものは、必ず壊れます。もう3台目はないでしょう。これもまた、悟りというものかもしれません。

車の内装もオートバックスで色々考えました。カーテンとかLEDのルームランプとか。うーん絶対違う(笑) 何でしょう、いわばヤンキー仕様(死語)はねえ。ラグジュアリーと考えて連想するのは、例えば特急のグリーン車とか、飛行機のファーストクラス、船の一等船室とかですよね。ホテルならスイートルームです。どう考えても、LEDとかはないない(笑) むしろ暖色系のルームランプとか、木目とか、本皮やベルベット、厚手のカーペット、ですよね。フルリクライニングでフットレストもアリか。あ、ウェルカムドリンクのサービス! これは自家用車だとセルフサービスだなあ。

そういう観点なら、SVXの標準仕様もそれなりに頑張ってます。快速の2階建てグリーン車程度には快適です。当時最先端のアルカンターラとかね。プラスチッキーな木目は、むしろビジネスホテルにありがちな家具の木目にかなり近い。ウォールナットとか高級木材だったら、多分逆にクラシック色が強くて古臭くなったでしょう。

後の限定仕様車では、一度マットのグレーで塗り潰され、最後は光沢のある木目塗装に戻されました。この内装の変遷が物語るのは、当事者でさえその理想を具現するのが難しかったという証拠でもあります。ジウジアーロのデザイン画にかなり忠実な完成度ながら、その得体の知れない不思議なラウンドデザインに翻弄されてしまったと。いえまあ、ローズウッドのような木目で正解なんでしょうけど。

複雑な面構成ですし、当時のパーツメイキングではそれが限界だったと窺い知れます。しかし、リアルウッドにしても今度はデジタル表示やスイッチ類との兼ね合いもあります。「一見してプラスチックと分かる」と、当時の自動車評論家は口を揃えます。皮肉にも、それがSVXらしさであるとも言えるでしょう。グリーン車のテーブルはプラスチックですが、それをチープと感じることはないでしょう。そういう感覚なのかもしれません。

車と女性。最近、奇妙な話がありましたね。とあるディーラーでの話。「建物の中に車が置いてあるのはおかしい」と客に言われ、確かに屋外を走る車が家の中にあるのは、土足で家に上がるようなものだと。そしてショールームから一斉撤去したとか。

あのう、家に入るとき靴を脱がない国も多いんですが。アメリカなどでは高級車をガレージといって、建物の中で保管するものなんですが。

何事も、知識や経験によるものでしょう。車の色々な知識を、オートバックスで学ばせてもらいました。それを今更ながら、思い出した次第です。


KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

KunadonokamiAoi-岐神葵

2013年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

涼規じゅん

  • お疲れさまでした~。帰宅して少しうとうとしてました(__*)人の波すごかったぁ…。まだ少しだけ疲れとれないから、また改めてお礼言いまくりたいです!楽しかった~ 1 week ago
  • リプはおちついたらかえしますね(*´ェ`*) 1 week ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。