KunadonicLiveSpaceSystem

連載企画 富士山頂を目指そう!Vol.3ですよ

Posted on: 2013年4月20日

3回目は最も重要なアイテム、雨具です。

登山は多かれ少なかれ、危険を伴います。数年に一度必ず死者が出ます。必需品という意味では登山靴もザックもそうなんですが、雨具の意味する重要性とは根本から違います。登山靴もザックも、不足があっては登山できません。しかし雨具は、無くても登山できてしまう点が異なります。

そこに重大な盲点が潜んでいます。安易な気持ちで、あるいは知識や経験の不足から、この盲点を見過ごします。それが、死に至る共通事項であることを、ここで強く申し上げておきます。

用具の話から少し逸れますが、なぜ雨登山がそんなに危険なのか、簡単に説明します。

まず山では、気温が平地に比べて低いです。単純な計算方法では、標高100m上がると0.6℃下がると言われています。標高3000mの高山では、18℃も下がります。例え夏であっても、真冬のような気温となります。もしそこで雨にさらされれば、凍えるような寒さだとわかるでしょう。

さらに山では、風が強くなります。風での体感温度は、1m/sごとに1℃下がると言われています。遮蔽物のない山頂では、常に風速5m/s以上の風に曝されていたりします。仮に夏場でも、先の標高による気温差も足して考えれば、体感温度は氷点下にまでなるとわかるでしょう。

もしそんな環境下で雨となれば? そう、体温が急激に奪われます。つまりは、低体温症。雨具を疎かにすれば、間違いなく死に至るのです。

確かに夏の高尾山なら、雨で死ぬことはないかもしれません。でももしそんな高尾山気分で八ヶ岳に登っていたなら? 計算するまでもなく、最悪の条件となれば、死にます。

高尾山だけでいいなら、雨具なんて要りません。雨の日は行かなければいいし、雨宿りもできるし傘で事足ります。でも、富士山を目指すなら? 高尾山の延長で登山を考えることが危険だという意味が、お分かり頂けると思います。

むしろ高尾山程度の安全な山で、雨具の使い方や雨天での登山を経験しておくことが、とても良い経験になります。富士山を登りながら初めて雨に遭遇するのと、既に低山で雨登山を経験しているのとでは、その心持ちも大きく違います。なので、私はある程度山に慣れたら、雨登山に敢えて行ってみる事をお勧めします。高尾山程度でも、普段見慣れた山の様子とは全く違って見えるでしょう。それもまた山の楽しみです。雨の山の魅力が少しでも分かれば、つらい雨登山も少しは楽しめるはずですから。

前置きが長くなりました(笑) 登山靴でも少し話しましたが、登山用のレインウェアは実はとても優れています。登山靴の防水透湿と同じ、ゴアテックスのものが用意されているからです。この防水透湿性能は、雨登山をつらいものから、快適な登山へと変えてくれる、素敵なアイテムでもあるのです。

登山、特に登りでは、当然汗をかきます。これが山の雨天だと、先に書いた通り体を冷やす原因になります。汗冷えと言われる状態です。Tシャツ1枚などは論外ですが、ビニールの雨ガッパだとしても、地獄です。カッパの中は汗で蒸れてびっしょり。外は雨で体感温度も低く、どんどん冷やされます。低体温症の入口です。これがゴアテックスなら、中の湿気は外に逃げていきます。低体温症になる可能性が激減するのです。

またレインウェアには、ある程度の防寒・防風の機能も期待できます。悪天候時の強い味方であるのと同時に、山頂でのちょっとした体温調節にも役立ちます。ただの非常用装備ではないのです。

レインウェアは、上下2ピースに分かれています。下は汚れが目立たない、ダーク系の色が多いです。上着は、目立つ色が多いです。前にも書きましたが、レインウェアを用いるのは天気の悪いときです。視界が悪くなりますから、極力目立つ色にするのが望ましいわけです。最悪の遭難の際など、いち早く発見されやすいように、という究極の用途も併せ持っています。

雨具と称しましたが、これをお守りとして携帯しているだけの人と、雨でなくても積極的に使う人とがいます。どちらがいいという訳ではありませんが、なるべく使用する機会を設けた方が、いざという時にも慌てなくて済むでしょう。いずれにしても、本当に使いたいときに使えないと死に直結します。お守りなんかじゃないはずです。

最近はゴアテックスでなくとも、優れた防水透湿機能のレインウェアが揃っています。上下セットで1万円未満で揃います。もし購入されたら、高尾山程度で構いません。是非、雨登山を楽しんでみてください。その優れたレインウェアの快適ぶりを味わいながら、雨でなければ楽しめない、森の静けさ、生き物の息吹、霧に包まれた下界。展望ばかりでない山の違った楽しみが、きっと迎えてくれるはずです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

KunadonokamiAoi-岐神葵

2013年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

涼規じゅん

  • UPした写真、全部私の使い込んだガラケーからだけど…。スマホになったら写真めっちゃ綺麗だって聞いてるから羨ましいな(;'∀') このご時世にまだもうちょっとガラケー継続の予定です(;^_^A 3 days ago
  • これで東京以外での遠方のお出掛けはしばらくないかなー…。しんどくなったときは動物写真見返して乗り切るのだ…!(;^ω^) 3 days ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。