KunadonicLiveSpaceSystem

スタンドスピンの軸ですよ

Posted on: 2015年5月25日

今期の目標は、スタンドスピンの軸の完成でした。昨年度もそうでしたっけ。永久的な課題なんでしょうけどね。

今年は、まさに神が降りました。見えたんです。軸が(笑) いやあ、長かったです。もちろん完成したかといえば、そんなのはキリのない話なんですけど、少なくとも誰が見ても「綺麗に回っている」という領域には到達できました。

スタンドスピン、流れとしてはアップライトからクロスフットまでです。持論を曲げず、軸を体の中に作る天秤状態を目指して正解でした。言い換えれば、腕の中で軸を作ったり、手を前に伸ばして軸を作るというポリシーは、完全に的外れで遠回りでしたね。これだけは、軸が遠くなり回転が遅くなり、ブレるし流れるし全く良いことなし。スタンドスピンは、左足のボール上から心臓を通り、少し左に向けた顔を突き抜けている直線が軸になります。なので、両手は絶対的に左右対称、この軸の一点に対して「点対称」にならないと、安定して回りません。つまり、手は前には絶対に来ないんですね。

クロスフットを組む流れの中で、最大のヒントになった言葉がありました。「軸が体の中から少し前に出る」これで、ピンと来ましたね。手を胸の前で合わせれば、軸も少しだけ前になります。その下で足をクロスさせれば、丁度いいんです。この姿勢の流れを安定してやるためにも、アップライト状態のまま回り続けられる絶対的な安定性が必要だったんですね。

アップライトで一度安定した軸を作っておけば、レイバックとクロスフットは簡単に移行できます。クロスはすぼめるだけですし、レイバックは体を反らすだけです。所詮は応用に過ぎないということです。同様に、シットスピンができれば、キャノンボールやパンケーキも応用で移行できます。

結論としては、右足と右手は常に平行を保つ。左手は軸に対して右手と常に点対称にする。これだけです(笑) あとはほぼ全て、回り始めてからの応用ですね。

シットスピンも右手と右足の関係は全く同じで、あとはやっぱり応用。肩付近に軸を作り、お尻と前に伸ばした手足で点対称を作る。

安定した回転を別のものでイメージするなら、竹トンボやヘリコプターのローター、そんな感じです。一点に対して左右の羽が完全に釣り合って回り続ける状態の再現こそ、安定したスピンです。これを三枚羽にしてしまったり、軸を体の外に出してしまったりするから、不安定になるんですね。一見それらはやり易そうなコツかと思いきや、結局不安定にさせる要素にしかなりませんでした(笑) 根本はやっぱり、至ってシンプルだったんです。

スピンが安定すると、回るのが楽しくなりますね。少ない力で回り続けられますし、目も回りません。この軸は、完全にものにするまでには時間がかかるかもしれませんが、恐らく一度ものにすれば多分一生ものになる気がします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2015年5月
« 3月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

涼規じゅん

  • でも温めてたらだいぶよくなってきた(*´Д`*)カイロ様様… 1 day ago
  • #このタグをみた人は好きな天ぷらを答える タラの芽  ナス 今食べたらしぬかなー(;´∀`) 1 day ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。