KunadonicLiveSpaceSystem

日本で一番長い名前の山ですよ

Posted on: 2015年10月27日

image

牛奥ノ雁ヶ腹摺山。音数で14音。二位は複数ありますがいずれも12音で、この長さには敵いません。長い名前です。ちなみに二位には、北海道のカムイエクウチカウシ山などがあり、文字数ではこちらが最長ですね。

雁ヶ腹摺山は実は私が知るだけでも三つあります。牛奥とは別の本家、雁ヶ腹摺山が南東にあり、少し離れた笹子峠の隣にも笹子雁ヶ腹摺山があります。笹子は音数でも二位の長さです。

雁が渡る際、お腹を摺ってしまうほど高いことから名付けられました。実際にそそり立つような高さで、麓から眺めると天に届くような頂が見えます。

image

笹子雁ヶ腹摺山

いずれも山梨県の大月市にあり、富士山が美しく見えることから「秀麗富岳十二景」にも選ばれています。牛奥ノ雁ヶ腹摺山からの富士山が、こちらです。

image

牛奥ノ雁ヶ腹摺山より

綺麗ですね。

この秀麗富岳ですが、やはり晴天を狙わないと難しいですね。夏の黒富士も勇壮ですが、雪を纏った白い峰こそ富士山でしょう。季節的には初冠雪を過ぎた秋から、春一番が吹くまでの間ですね。冬型の気圧配置なら乾いた北風に曝されて、雲ひとつない快晴も多いです。

image

この時期は、高山は雪に包まれて、簡単に登れる山ではなくなります。そこで「見る山」と割り切って、比較的登り易い周囲の低山に登るのがお薦めです。夏ではなかなか叶わない遠望も期待できますし、汗だくにもならず快適に楽しめます。虫も全く出ませんね。

image

まあ雪が積もっても、それはそれで楽しいものです。低山なら軽アイゼンさえあれば夏と何ら変わらずに登れます。

image

雪山は普段と全く違う別世界となります。それはそれで楽しいものですね。

登山は基本的には、季節を問わずに楽しめます。四季それぞれの面白さを楽しむものです。雪には雪の、雨にもまた趣がありますね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

KunadonokamiAoi-岐神葵

2015年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

涼規じゅん

  • RT @komachi_0526: 夏コミの新刊は「人生劇場」シリーズ28p です。 オーロラ旅行記も前後編とも再版しました✨ スペースは8/13 ウ-51b 小町なぎねぎ です。 よろしくお願い致します🙇‍♀️ 3 weeks ago
  • UPした写真、全部私の使い込んだガラケーからだけど…。スマホになったら写真めっちゃ綺麗だって聞いてるから羨ましいな(;'∀') このご時世にまだもうちょっとガラケー継続の予定です(;^_^A 3 weeks ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。