KunadonicLiveSpaceSystem

ファミーユ歯科ひどいですよ

Posted on: 2018年4月14日

奥歯の義歯、クラウンが食事中に取れてしまい、久し振りに豊田のファミーユ歯科に行きました。ここの歯医者さんは腕は確かで好きでしたが、それも昨日まで。木曜日が休診なので一日あけて電話し、すぐに向かいました。

クラウンが取れたので着け直してほしいと伝えると、早速診療。レントゲンを撮り歯周ポケットなどチェック。久し振りだから初診扱いなので、これはまあ納得の範囲。ところが、そこから何の説明もなくただ「また取れる」「合わない」といった話をするだけで、先生は黙々と処置を進めていきます。

歯肉が被っているので麻酔、消毒、と進めながら……あれ? 穴を削り始めました。口には神経を抜く際に使うアレ(恐らく痛感神経を感知する器機)を口に挿し、もう穴が合わないから詰め物しておきます、で終了。

以前は挨拶すれば返事も帰ってきた医師ですが今日は返事なし。気に入らない患者だと態度が違うのは以前もそうでしたが、今日自分がそうされるとは夢にも思わず。それはともかく、期待していた処置とは程遠い結果に愕然とし、説明の機会もなく何ら納得出来ず「次の予約は?」と聞かれて頭に来ました。「決められないので電話します」もう二度と来るか。そんな気持ちです。

一旦出て、そういえば義歯を渡したままだと気がついて戻り、返してもらいました。

恐らく最初から、取れたクラウンを元通り接着するつもりなどなかったんだろうと、何となく思いました。何のためのレントゲンか、歯周チェックか。結局は保険医療のしがらみから、最大限の利益を追求するなら、新たにクラウンを作成して処置するのが一番儲かります。長年自営業をしていれば、そんな皮算用くらい簡単です。ここでさっさと接着なんかしてしまったら、商売人としては下の下です。

そういうことだから、詳しく話も聞かない、インフォームドコンセプトも成立しない、有無を言わさず一方的に処置してしまう。後ろめたさなのか何なのか、挨拶さえ素っ気なかったのにもそんな感覚が見え隠れします。根拠は他にもあり、うちの相方も長年ここの歯科には世話になっていますが、何年通っても一向に完治しません。保険医療の限界かな?と思いつつも、いくら虫歯が酷いからとはいえ、時間がかかりすぎです。…何だか、嫌な思いが過ります。こうした医者は数多く見てきました。先日の副鼻腔炎の際の耳鼻科と同じです。

クラウンを返してもらったにしても、恐らく他の歯医者でも対応は同じかと思いますし、折角急いで歯医者に駆け込んだのに多少歯を削られてしまいましたから、クラウンがぴったり合うこともないでしょう。自分で接着してしまおうかとも思いましたが、一生使う歯ですからそんな軽率な処置は出来ません。

近々、一日で治せる歯医者さんに治してもらうことにしました。自由診療なので高額ですが、セラミックの義歯は数時間で作成でき即日で治せるそうです。美観も耐久性も期待できますから、価値は充分です。

ファミーユ歯科、大変お世話になりました。もう二度と行きません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2018年4月
« 9月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

涼規じゅん

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。