KunadonicLiveSpaceSystem

Archive for the ‘シルクロードオンライン’ Category

 透明商人廃絶による職業改悪以来、もう二度とやるまいと思っていました。
 ところが、久々に行ってみると、インベントリに何だか色々入ってて、経験値が結構稼げるようでした。1時間ものが2つずつ、1ヶ月ものもありました。課金アイテムとの併用が出来るらしい。こうなると、結局課金する羽目になるんですが。合理的にどこにお金をかけるか検討することで、湯水の如く吸い取られるシステムに対応したいものです。
 
 まずコストパフォーマンスで一番のスペシャルチケットが必須。それからインベントリ拡張の意味も含めて懐中時計。他は、ナスルンをどうするかですが、これは経験値稼ぎにはあまり有効でない側面もあり、今回は却下。有効時間を上手く使って強めのMOBを狩るのも手なんですが、目が回る勢いになるので却下。それから頓死防止に自動回復。ということで、Sチケ+時計+自動回復、以上かな。合計で4650円。これが1ヶ月間このゲームを満喫する為の最低限の支出。ここで強さを求めるならナスルンが900円。20%増強辺りまで手を出すとかなり痛い出費になってきます。期間限定のアバターなんかも全部買えば2300円。アバターについては3点セット物と2点セット物があって、もちろんボーナスの数を考えると3点物がベストです。でもまあ、余程デザイン的に気に入ったものでなければ、期間限定でもどうかと。スリプノンドレス、まあ悪くないですが。
 
 Lvを上げさせることが、このゲームのモチベーションの根幹で、それが収入になっているわけですから、それに乗じない事が、このゲームを安く楽しむ基本的なポリシー。とはいえ、最低限上げて行かないと世界が進展しないのも事実。ギリギリの支出で進めていければベター。どうせトップランカーになる必要性も全くないし、なっても得られるものは名誉以外ありません。それが楽しいならそうすればいい、そうでないなら、別の楽しみを見つけるのが筋でしょう。
 
 しかしながら、この季節は収入的に苦しい季節でもあり、しかもウインターシーズン真っ只中で、リアルスポーツへの時間と金銭の投資を優先させたい事情もあり、絹の道で修業する期間としては相応しくありません。5月以降、できれば夏が良いんですよ。となると、アイテムを温存して、その期間に一気に消費してLvを上げることとします。計算上は3倍近くの経験値が稼げるので、1ヶ月の期間で通常の3か月分となります。この手のゲームは、Lvは上げるべくして上げるしかないので、その機会を狙います。
 ネトゲはほぼ洗足なのですが、PSOは昔取った杵柄でそれはもう、いつやっても楽しいのですが。シルクロードは全くつまらないです。いい加減やめようか。ダラダラとレベルアップして、多少強くはなってもただそれだけのこと。バトルフラッグで旗奪い合ってちょっと優越感ある程度。錬金術は馬鹿らしい。技を駆使する際どい戦術は皆無だし、透明商人で楽しかった行商も改悪アップデートでさようなら。そもそも日本人に三項対立なんて。別に三項対立でも何でもないし。散々課金アイテムで金銭投じてこの体たらく。もう何もいりません。
 
 バトルフラッグでは、多少の上手下手はありました。駆け引きとかチームワークとか、まあそれはそれで楽しいですけど。そもそもお金かけてひたすら敵を倒し続ける「作業」が理解できなくなりつつあります。行商ですら作業。自己満足のための達成感なら、同じ世界で誰もが通る道なんか、どう通ったって面白くも何ともない。フィギュアスケート練習している方が100万倍楽しい。お金と時間を投資すれば誰でも出来るなんて、そんな生易しい世界じゃない。アマチュア無線も然り。PSOもそう。シルクロードに限らずMMOはみんなこんなもんか?? サイコロを振り続ければ、いつかは必ず当たる。その程度の確率論なんか、期待値がある限り所詮は投資。しかも、その数字まで明らかになるし、不確定要素なんかどこにもない。システムとしては下の下。こんなの、リーマンブラザーズの破綻劇よりも馬鹿らしい。競わせて踊らされる、膨大な時間を食わせて、尚且つ金銭を湯水の如く吸い取る。そして一体何が得られる? 少なくとも、名誉さえない。名誉なら、PSOで十二分に得てきました。シルクロードのそれは、一体なんと呼べばいいのでしょう。
 
 世界観は悪くないだけに、それ以上でもそれ以下でもないところに落ち着けば、それはそれで満足できるのかも知れません。少なくとも、強さが身分を決める尺度になっていることは間違いなく、欠陥だらけの対立システムがお互いをアンタッチャブルにしているから、始末が悪いです。三項対立でなく、三項共存とする方が絶対楽しいと思います。一方的な利害だけで考えるから、システムが破綻するんです。商人と盗賊が結託したっていいはずだし、盗賊がハンターを雇うのも理に適ってる。ジャンケンみたいなシステムでは、出会った瞬間に勝負が付いてしまいます。確率論とか、不確定要素とか、揺らぎとか、それがゲームの楽しさなのに、絵に描いた世界観だけでは辛すぎます。
 
 いずれにしても、商人が一攫千金を夢見ても、実現する事はないです。大盗賊にもなれませんし、正義の味方も歴史に名を残す大仕事はありません。ダラダラと、当時の世界観を楽しむ一市民になれればそれでいいのですけど、そんなのは現実を生きる社会人であれば、わざわざお金と時間を投じて楽しむほどの物ではありません。余程、マルコ・ポーロや中国の歴史書を読むほうが楽しいです。MMOなんて、そんなものなのかも知れませんが。
 
 家を建てたり城を立てたりは、それに適うものでしょうか。オリジナリティのあるパーソナライズこそ、RPGの醍醐味。キャラクタの髪の色や服、身長や体型に始まり、アイテムや育成方法に個体差がどれ程出せるか。形にはめたキャラばかりの世界のどこにRPGがあるのか。もう、つまらんですね。何と言うか、パソコン上でゲームをやってるんだ~な感覚、安っぽく言うなら、人生を見出せない人生ゲーム。所詮、そんな出来の悪い人生ゲームをやっているという感覚から抜け出せません。安っぽすぎます。
 
 その点、世界観や、キャラクターの動き、パーソナライズなど、PSOは良く出来たゲームでした。これほどその世界に感情移入できるゲームが他にあるかどうか。多くを知っている訳ではありませんが、やっぱり空前絶後。テキストアドベンチャーの移入感をも超える、リアルタイムのリアリティが、PSOにはありました。シルクロードにも、それはあります。100歩譲って、意味不明な身分制度や職業制度を無視すればの話ですが。
 PSOのレア祭、無線とスケートに時間を割いていたので、絹はとんと行ってませんでした。随分間が空きました。最後のオンはいつだったか。Sチケも消化した記憶はないし。そうそう、ポンdeキャッチで月印章が当りました。8級スタッフと交換申請。
 長安には要塞が出来てるし、商人は税金取られるし。Caroで透明行商してコンス~長安満載も結構儲かります。持ち金42Mだったかな。ギルマスはLv77だったか。中華はSチケと自動回復がないとやる気が出ません。ペットも冬眠。立ち上げにお金がかかります。1ヶ月間集中するKIAIがないと無駄金です。商人はCaroで充分すぎるほど儲かるから、ギルマスは専ら斥候。それにしても、9級アイテムは法外な値段だからなかなか手が出ません。
 時々やるには楽しい世界なんですけど、PSOと比較にならない程の廃人プレイを要求されます。いえ、頂を目指さなければ、それでいいんです。
 予定されていた要塞戦ですが、中止になりましたね。理由は、参加者が少なかったから、でしょうねえ。
 本国の韓国では、こうした集団戦イベントはそれなりに成功しているのかも知れませんけど、日本人の感性には合わない気がします。大陸の異文化と刃を交えた歴史は多数ありますが、そのどれもが、決して後味の良い結末を迎えていません。元寇然り、豊臣秀吉然り、日中戦争然り。攻められたなら仕方ないとしても、攻めた側にも何ら利益はなく、多大な損失だけが残りました。戦勝ムードとか、一種の楽観論が仕向けた愚行と、歴史は教えてくれます。日本人の観念として、戦争というものは遺恨が残るだけの愚行という、観念があるように思います。
 
 韓国人にとっては、民族的にも地理的にも、苦汁を舐めてきた苦い歴史があります。民族のアイデンティティーの維持には、歯向かう精神が欠かせないんだろうと思います。従順に生きていたら、国は統合されて他民族に祖国を蹂躙されてしまいます。
 
 要塞戦は日本人には向きませんね。戦国の世にはカリスマもいましたけど、連続する要塞戦において、その立場を維持することがカリスマとしての地位を保つものなのかどうか。継続的なシステムとなれば、Lv差が絶対的な意味を持つ世界ですし。まあ、徒党を組む事そのものが、実はニガテな民族なのかも知れませんね。
 最近はソロで☆5をやっています。EUの透明スキルを使用してNPCを一切無視する戦術です。
 基本的にNPCは透明を見破りませんから、☆5で全く問題ありません。危険なのはスキルを上書きする間だけ、象から降りなければならない点。そのタイミングで象が昇天する事がままありますけど、透明の上書きができていれば自分は助かります。荷物が散乱した後、象を召喚して透明をかけ直してから回収すればOK。最大の問題は、やっぱりPCです。透明を見破るスキルには歯が立ちません。その点では☆多数の他の行商と変わりませんけど、これまでの経験を活かせば☆2と同等の割合で成功する事となります。
 
 満載状態の報酬は多大です。2~3日に数往復重ねれば、GチケもGoldで買えます。商人経験値も多大です。
 
 PCに関しては相手も条件は同じです。EUの透明を使わなければ、☆5ではNPCハンターを片付けられません。つまり、全ての積荷を奪えるのはEU透明持ちか複数名のPTのみなのです。中華PCがソロでやってきても、その積荷は全回収しないことも多いです。佇んで呆けていたり、「無理」と言う方もいます。仲間を招集する方もいますが、稀ですね。話しかけて☆2だけ持って行くと言ったら、後は回収して続行できます。それでも残りは
☆5にして金額が700,000G相当あります。EUにさえ出会わなければ、その満載状態そのものがかなりの重積になる訳で、そういう意味でも行けるかと思います。
 その結果、徒党を組むPCが増えた気がします。それまであまり注目されなかったEUのPCも増えてきました。
 圧倒的な高収入が期待できる透明化は、最近かなり重宝しています。
 バトルフラッグイベントを楽しんでいます。今日で最終日ですけどね。勝率は5割行ってるかどうかですが。終盤は引き分けが多かったですね。旗を抜いて引き分けに持ち込む手段とか、透明で持ち続け残10秒で刺すとか、それを邪魔するとか、色んな技があって面白かったです。旗は刺さない方が取られ難いので有利ですが、高ランクの透明か高Lvもしくは力極の壁が保持しないと厳しいですね。終盤では透明感知の使い方も周知されてきて、必ずしも透明最強ではなくなりました。ラスト30秒での均衡が勝負を分けますし、そこで上級の透明感知をすれば一発で殺れますw 保持については感知を避けるためにペットを収納し、敵がフリー状態にいるところに近づかない事ですね。乱戦状態なら感知は使いませんから、そこをのうのうと歩いてやり過ごします。部屋の角が最も感知されにくい場所でしたけど、旗をドロップしますから、勢力が偏っている場合は逃げ回らないとダメですね。
 
 一部にかなりツワモノ装備な方々がいましたね。お陰で何度も死にました。逆に、自分が最高Lvだったことも度々ありました。その場合は勝たないと恥ですねw 旗刺しそこねは残念ながら数回ありました。制圧してても旗ドロップでアウトですから、難しいものです。最後の30秒で敵の透明を感知し、一気に奪い取って勝った事もありました。逆に、透明の伏兵を片付けたこともありますね。透明はEUで散々試行錯誤し、それをAoiにフィードバックして策を練りました。内功の回避・命中ドレインを本格的に使ったのも初めてです。周囲凍傷も透明に当ればタゲが取れます。それから、HPのPOTが大活躍でした。+4100のPOTは対印章には必須でしたね。フルドーピングして望んだ試合も多数ありました。Lv差が激しかったり、印章で来られると均衡が一気に崩れます。それを粘り勝ちした試合もあれば、最後に制圧されてしまった事も。すっかり対人戦には慣れてしまいましたね。でも、勝てる相手と勝てない相手は明確です。知極槍のAoiは、基本的にゼロ戦ですw
 
 目的はもちろん、賞品のゲットなんですが、まあ数から考えても無理でしょう。当ればラッキーですけど、それより楽しめたってことで良しとします。長年シルクロードオンラインをやってきましたが、これほど楽しいイベントは初めてでした。
 随分と遠い道のりでしたがどうにかLv69です。ロック山目前というか、風の村あたりまでは問題なくいけますね。槍も+5ですしHP400増加を3つに知力+5も多数、かなり快適です。のこのこと牛で風の村まで行って、売るだけ売ってみようかとやってみましたが、やっぱりLv70↑でないとダメみたいです。仕方なくカラコルム経由でニア遺跡に行きました。クエは長らく敦煌石窟メインでしたね。羅刹もどうにか終わり、モグラさんと遊んでいます。モグラも2人以上が部屋に入るとすぐ枯れるので、なかなか面倒です。
 
 ウサギが当りました。かわいいですね。名前はPlutoにしました。惑星でなくなった冥王星ですが、黄泉を渡り歩くイメージとウサギの神秘性を重ねて名づけました。

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

涼規じゅん

エラー: Twitter からの反応がありません。数分待ってページを再読み込みしてください。

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。