KunadonicLiveSpaceSystem

Archive for the ‘未分類’ Category

車の修理代が、中古での購入価格の数倍になりました(笑)。それでも安い方だとは思いますが、何もないところからお金を工面するのには時間を要しましたね。そして来月には車検です。合計で40万円近くが飛ぶ計算です。車って本当にお金がかかりますね(泣)。

車に乗らない分のガソリン代や高速代が費用に回せますから、それだけで半分くらいは工面できます。その他、常用していた出向時の特急やライナー利用を止めて私鉄(京王線)へシフト。毎晩のワインも千円台から500円台のテーブルワイン。外食を控えて登山も原則中止。そんなこんなで約四ヶ月、車は帰ってきました。

さて車検です。整備済みですから自力で24ヶ月点検さえすれば、車検場持ち込みのユーザー車検で諸費用は皆無。重量税と自賠責保険だけで済みますが、それだけでも8万円。そう考えると、車は乗らなくてもお金がかかります。 車がなければロリィタ服とか自転車とかカメラとか、色々買えましたね…。でも登山をするにはかなり必要ですし、ロリィタでも何かと便利。スケートリンクに行くにもほぼ必須。贅沢品ですが充実した生活には欠かせません。しかし、車が戻ってきたのに諸経費のために乗れないというのも、何だか虚しいです。

車が壊れさえしなければ、こんな悩みもなかった訳ですが。まあそれを言ったら元も子もないので、やめましょう。

さて、巷はハロウィンですね。

私の子供の頃にはそんな習慣もなく、世界的にもカトリックではやりませんし、北欧でもほんの一部。盛んなのは商魂豊かなアメリカですね。日本では子供の祭というより、コスプレがメインのストリートフェスティバル、でしょうか。広く浅いオタク文化を地盤に、公でも大手を降ってコスプレができる願ってもないイベント、そんな風情ですね。

ロリィタでもハロウィンを歓迎するムードはありますが、特にブランドによって大きく差があります。確かに首都圏ではそれなりでしょうけど、地方ではどうでしょうね。ましてや、ロリィタとコスプレは水と油の関係。ハロウィンのためにロリィタをするのは、ライブだけでロリィタをするのと同じ、つまりはコスプレであってロリィタではない、という強い観念も感じ取れます。反対に、ロリィタにハロウィンのデザインを取り入れて、この時期に合わせたロリィタ服も見られるようになりました。

異質な感覚も少からずあります。だって、ハロウィンのためにロリィタを誂えるその感覚には、それまで頑なに拒んできたコスプレに近づくような違和感が、あるんです。これまでにも、仮装とロリィタをミックスさせた方々はいらっしゃいました。ただ何となく、一時的な仮装は普遍性に乏しいファッションと思えましたし、実際チープな仮装程度のそれを、ロリィタと同等に扱うことへの細やかな反感は隠せません。

結局、私自身は仮装をモチーフにしたロリィタ服を買いました。本当のハロウィン柄ですと、今月一杯しか着られません。仮装モチーフならまあ通年着られますから。

いえ本当は、ハロウィン柄も欲しかったんですよ。とても可愛いし。まあお金が、ね。

そんなこんなで、取り敢えず今月末までは自宅軟禁。自転車で、ロリ服着て近場のどこかでウインドウショッピング、でしょうか。車にかかるお金に翻弄された半年でしたが、幸い大きな痛手もなくロリィタもスケートも登山も続けられそうなので、安堵しています。もうしばらくの辛抱ですね。

前回大変好評だっただめ、今回第二段の刊行となりました。ローコストで作製したので、前回ご購入の方に限り無料配付しております。掲載画像をダイジェストで公開します。

魚眼レンズの歪みを生かした写真です。数年前に流行った犬の鼻デカ写真と同じ手法です。魚眼レンズは被写体の遠近感を極端に誇張させるだけでなく、画面の辺縁が円形に歪みます。圧倒的に広範囲な背景を凝縮させ、被写体を浮き立たせます。レンズとしては最もデフォルメ効果が強いレンズで撮影の腕を要求されますが、使いこなせたら独創的な写真を撮れます。こういうレンズを使いこなせてこそ、ですね。

今回の撮影も前回同様、後輩のカメラマンもとい、カメラウーマンに依頼しました。私が指示を出すこともありますが、腕を見込んで基本的にはお任せ。前回多数の良作を切り取ってくれましたが、今回はさらに腕前の向上が見てとれます。今回も任せて正解でした。

ライカの標準レンズ。標準レンズを意図通りに使いこなせれば、広角も望遠もその描写が自由自在です。これは葉っぱの前ボケを入れるよう私が指示した作品です。これにより、混み入った路地の奥行感を強調させます。ここで望遠レンズを使うと大失敗で、背景が大きくボケても遠近感が圧縮されてしまい、遠くの人が私と同じ位の大きさになって、平面的になってしまいます。肉眼に近い遠近感、特に人の場合は誇張しても圧縮しても違和感が出ます。自然な立体感は、明るい標準レンズならではの描写です。今回の撮影では、このライカの標準レンズが大活躍でした。

そしてこちらは、OLYMPUSのオールドレンズ50mmF1.4の作品。このレンズは前回も使いました。木蓮の一頁写真ですね。特長的なのは、絞り開放で背景がバブルボケするんですね。シャボン玉のようなドリーミーな描写です。ハイライトで滲みが発生しやすいのも特長。少しオーバー気味で撮ると、水彩画のような絵になります。

こうした特長はレンズの弱点でもあるのですが、それを長所と捉えて意図的に撮影出来れば、それは腕前というものです。教科書通りの撮影では、こんな面白い写真は絶対に撮れません(笑)

他にも味のある面白い写真が沢山撮れました。ご覧になりたい方は、是非ご購入ください(笑)

予め書いておきますが、登りたいんです。登りたくないのではありません。

まず体調。副鼻腔炎が慢性化して一向に良くなりません。呼吸や精神的コンディション、患部の痛みに影響するので、長時間の有酸素運動が厳しいんですよね。

それから愛車の長期の修理。車で巡る百名山を進めたかったのですが、これでストップ。しかも数十万の修理代も捻出する必要があり、電車での遠出や宿泊代も押さえる必要があります。通勤の交通費も私鉄利用で極限まで絞りこんでいる状況ですから、山どころではないんです。

高尾山くらいなら何とかならなくもないですが、なかなか梅雨も開けませんしね。

一応お伝えしておきますが、登山を辞めたわけではありません。車が直ったら、早速百名山ひとつ制覇するつもりです。どこかは、未定ですけど。

今はなき日本最古の写真関連会社、小西六。コニカに社名を変更後は、これまた老舗のミノルタと合併。そしてソニーにカメラ事業を売り払って終焉を迎えます。この変遷はまさしく、フィルムカメラの隆盛と衰退の歴史でもありますね。日本の写真産業の一時代を築き上げた功績はもちろんですが、残された遺産もまた素晴らしいものばかりです。

そんなコニカとは、個人的にも縁が深いですね。古くは父が愛用したカメラ「オートS」で初めて写真に写り、フィルムもサクラカラーでした。そのカメラを手に町中を撮りまくった小学生時代。そしてブロニカやニコンなどを三世代に渡ったお下がりを譲り受けて愛用し、いつしか写真を生業に生活していた頃に出会ったのが、これまたコニカの「HEXER」でした。友人のライブ撮影やモーターショーなどで活躍しました。その後はデジタル時代になり、当のコニカが勢いを失う中では縁がありませんでしたが、ここに来て再び、HEXERと出遭うこととなりました。それが、こちらです。
image

古いレンズです。実は戦前の名器「バルナックライカ」用のレンズです。なぜコニカがそんなレンズを作っていたのかというと、これまたややこしいんですが、当時はライカのコピー商品が世界中で作られていました。そんな中でもレンズは高い精度を要求される工業製品ですから、カメラ本体は比較的簡単に作れても、レンズだけは難しかったのですね。ライカコピーレンズは、例えばニコンやキャノンなども作っていましたが、その一角にコニカもあったわけです。

で、なぜそんな骨董レンズを手に入れたのか? 察しの良い方ならもうお気づきですね。これ、現代のミラーレスデジカメに使えるんですね。
ミラーレスは総じてフランジバックが短く、アダプターを介することで多くのオールドレンズが使えるようになります。これまでにもそうしたアダプターは多数あったものの、ライカのレンジファインダー用レンズは難しい存在でした。理由は、フランジバックはアダプターで延長することはできても、元々フランジバックが短いレンズはどうにもならなかった訳です。ことライカのレンズは優れた資産だったにも関わらず、コンパクトな設計故にデジカメで生かすことが不可能でした。そこに謂わば革命を起こしたのが、ミラーレスだったんですね。

オールドレンズには独特の魅力があります。そもそも現代のデジカメ用レンズは、非球面やマルチコート、テレセントリック性など、高度な設計で作られています。しかしその結果、均一な仕上がりに陥りレンズの個性に乏しくなるのも否めません。オールドレンズには古き良き時代の個性、描写があります。歪曲や色彩収差といった独特の描写が、均一な性能のレンズでは叶わない、エフェクトを生み出すわけですね。

この小西六ヘキサーは、本家のライカ「エルマー」よりも描写性に優れているという評価もある、銘玉です。が、まだマイクロフォーサーズ用のマウントアダプターを手に入れてないので使えません(笑) 手に入れたら、レビューをアップしますのでお楽しみに。

ハードオフでレンズをいくつか買ってみて、急にフィルムカメラが欲しくなってしまいました。元々カメラマン時代はフィルムで腕を鍛えていましたので、慣れていますがそれにしても懐かしいですね。

image

OLYMPUSのOM-10です。ジャンクですが程度の良い完動品が3000円程度でありました。早速テストとばかりに、いざ高尾山。

フィルムは八王子のヨドバシでリバーサルを購入、フジのPROVIA。これも懐かしいですね。フィルム自体はブロニカで本気撮りする時に使っていました。年に一回あるかどうかですけど。35mmは本当に久し振り。最後に使ったのは、コニカのヘキサーだったかな。

一通り撮影して、イオンモールの写真屋へ。仕上がりに10日を要する辺り、最早こんなものを使うのは老後の道楽?的な扱いに驚きましたが、それでも受け付けてくれるだけでも有り難いです。そもそもリバーサルのフィルムですら入手が難しくなってきていますし。

そして昨日、やっと仕上がりました。

image

ライトビュアーが今もちゃんと使える辺りが私クオリティです(笑) これを今度はデジタル化します。その方がプリントやWebで便利だからです。昔はこの部分が専門業者の世界でしたが、便利な世の中になったものです。
以下は、フィルムをスキャンして取り込んだものです。フィルムが読み込めるスキャナももう10年以上前に買ったものですね。EPSONのGT-9700UF。ブローニーフィルムも読み込めて、リバーサルで本気撮りした写真も困りません。

1 手馴れた明るい標準レンズは使いやすいです。2

味のある諧調です。現像するまで画像を確認できないのが当たり前でしたから、失敗していてもわかりません(笑) 撮り直す必要を確認するため、撮ってすぐチェックするのが普通になってしまいましたが、フィルムには「諦め」が肝心でした。もうその瞬間は撮影できない、失敗していてもわかりようがない。故に、気持ちを切り替えてすぐ次のシーンに備える……。
アナログ写真の撮影はデジタルに比べてはるかに、一発勝負でした。西部のガンマンのような気分で、その瞬間を撃ち抜いていましたね。6 ケーブルカーに乗って、一番後ろに陣取り。高尾のケーブルの場合、写真撮影ならここがベストです。10 すれ違いです。カメラをこちらに向けてる人がいますね。14 ケーブルに乗ったのは実は訳アリで、ケーブルカーから眺める紅葉が例年凄いんです。15 最初は走る車内で慣れないカメラに少し手間取りましたが、基本AEで速めのシャッター速度ならまあいけそうだと感触を掴んでからは、こんな感じ。161820 走る車内からガシガシ撮影して、気が付いたら36枚。フィルム一本を車内で使い切りました。買ったフィルムは一本だけなので、ここでOM-10はおしまい。

カメラを手にした当初はノスタルジックで、何とものんびりしたものかと思いきや、ところがどっこい。プレビューは小さなファインダーだけでスリリングだし、AFもないからピントを常に手で合わせないといけないし、諦めとか、失敗を許容する悟りも必要です。まさに、一瞬に命をかけるガンマンでした(笑) でも思えば、このスリルが何より楽しかったんですよね。便利になり過ぎて、忘れていた感覚を取り戻した気分です。それから、現像を待つ間のわくわく感。大した写真でもないのに、楽しみでした。初めてカメラを手にして、写真の仕上がりが楽しみだった子供の頃も、そうでしたね。

さすがに仕事ではこんなことはやってられませんが、趣味でフィルムカメラを手にするのは、本当に楽しいですね。

死を賭して、というのがまかり通るのか。世間一般にそんな話が通らないことは重々承知です。安全第一、人命は何よりも優先される。そんな常識は当たり前なので、わざわざ語る気もありません。

私がまず何より彼の事を慮るなら。彼の体を最優先するのか、彼の心を最優先するのか、その二者択一に尽きると判断しました。私は、その心情を汲みました。体を優先すれば、休む以外の選択肢はありません。その場合、心に大きなダメージを負います。心を気遣うなら、体がリスクを負いますが、そちらは「可能性」に於いて絶対ではありません。ダメージと考えた場合、必然性が大きいのは、棄権した時に負う心のダメージが最も大きいと、私は判断しました。

専門家のご意見のなかには、体の心配をするなら棄権させるのが当然ともありました。脳への影響ももちろんですが、二重事故の懸念もあるからでしょう。少なくとも体の専門家がノーといえば、棄権は絶対です。それはある意味、責任問題が絡むから。即ち保身です。しかし実際にあの場に専門家が居合わせたなら。私が思うに、ゴーサインを出せたのではないでしょうか。何故なら、彼は脳震盪を起こしていなかった。最大の痛みはみぞおちへの打撲で、出血を伴った傷は大怪我だったにせよ、命に関わるものではなかったのですから。そんなの、医者なら一目瞭然です。

再開された練習で、まともにステップも踏めないほどなら、コーチが止めたでしょう。しかしそうではなかった。パーフェクトには程遠くとも、演技はできる。彼の心を気遣うなら、もうその答えは、一つしかありません。

フィギュアスケートは、メンタルの競技とも呼ばれます。膨大な時間をかけて練習を重ね、99%の精度で技に挑んでも、失敗する。練習で30%程度の精度でも、本番で成功する例は山ほどある。一度の失敗からついに立ち直れず引退する選手も数多く、故障を重ね人工関節や傷だらけの体でもなお果敢に挑み続ける選手もいます。その強さ弱さは、全て心によるものです。

何より、羽生選手は心が強い。彼なら、あの場で自分が棄権せざるを得ない体でもしそうなったにせよ、それで撃沈することもないとは思います。でも、本人が行けると言っていたのに誰かが止めたなら、果たして彼は納得がいくか。後悔しないか。

周囲の意見は、彼の体を慮るあまりに、彼の心を置き去りにしてはいませんでしょうか。責任が伴う医者ならともかく、彼が挑むと決めたその心に反してまで、今更やめておいた方が良かったなどとどうして言えるのか。私には、やっぱりわかりません。もう少し、皆様のご意見が聞きたいです。

基本的にヤエス派なんですが、他社が絶対的に嫌いとかそういうわけではないです。オートアンテナのATAS120と合わせるとか、ARTS機能があるといいとか、ヤエスならではの機能はなかなか魅力的なんですよ。何だかんだと揃えた我が家のリグ(無線機)をご紹介しましょう。

image

●FT-857D
何がなくともまずはこのオールモードのモービル機。これの購入は3アマの取得を待って買いました。3アマなら移動局の最大出力50Wを見込めるからで、4アマ機を買うのは損だと踏んでいました。同時にオートアンテナのATAS120も合わせて購入。高い買い物でしたが、よくよく勉強しオールバンドを一本釣りできるこのアンテナでやっぱり大正解。下は7MHzから上はUHF430までフルカバー出来、北海道から沖縄まで交信するのもあっという間でした。香港やロシアと交信できたのも、記憶に鮮明ですね。

愛車への装着で問題になったのは、まずアンテナのアース。愛車のトランクリッドはプラスチックでアースが取れません。その為、牽引フックからラジアルマストを使って高さとアースを確保しています。現在はこの方法が使えません。理由は道路交通法が改正されアンテナ基台に安全基準が出来、このラジアルマストは不適合で現在は販売されていません。尚、発売の古い車には適用されないので、私の車は何の問題もありません(笑)

ATAS120でカバーできない3.5Mは、モノバンドのホイップアンテナに付け替えて使います。またV/Uは高利得のアンテナも何本か使い分けています。ATAS120でもV/Uが使えますが、飛びは多少悪いですね。

image

●VX-3
初めは先代モデルのVX-2を使っていました。さすが世界最小、どこに行くにも持ち歩いていました(笑) 今では登山のお供に欠かせません。広帯域の受信機能も素晴らしく、山での情報源としても活躍します。特に一人登山で孤独な時など、ラジオはかなり気が紛れます。寂しい山頂でも誰かと話をしたり、もちろん非常装備としても心強い味方。よき相棒ですね。

image

●FT-7800
自宅用のV/U機として購入しました。重宝したのは先述のARTS機能ですね。自宅でビーコンとして作動させておくと、モービルの857で送受信のテストができます。これは結構楽しめました。当初のアンテナX300との組み合わせでQSOパーティーや隅田川七福神などで活躍。その後アンテナをX7000にグレードアップし、430で静岡の御前崎や北茨城の常陸太田市など、なかなか飛んでくれています。

image

●FT-817ND
世界的大ヒット、ロングセラーの名機ですね。ポータブルでオールモードという大変面白いリグですが、購入動機は今もよくわからず(笑) 機能の割に安かったというのはありますが。今は自宅で主に、144のSSBで活躍しています。QRPでも50km圏は申し分なく、茨城とも交信できています。HFは厳しいですけどね。
せっかくのポータブルですし、山に持っていきたい気もしますが、VX-3の小ささに慣れてしまうと難しいものがあります。ATAS25と組み合わせて、HFをやってみたくもありますね。

image

●FT-450
最後に、自宅で大活躍中の愛機。これは450Dが発売された直後、在庫処分の安売りをゲットしました。DSPも使い勝手が良く、必要充分な機能で気に入っています。
アンテナを多バンドVダイポール、コメットのCHV-5にして、国内全域が快適ですね。ただVダイポールは打ち上げ角が高いので、海外は意外と難しいです。むしろモービルの方が海外通信が楽ですから、何だか変な感じです。北米、ロシアなどはまあまあ行けそうですが。CHV-5との相性は悪くないですね。アンテナチューナーの使い勝手が良く、7MHzも60k程度の範囲でSWR1.5に落ち着いています。

CHV-5だと3.5Mが無理ですから、これは近々第一電波のSD330も導入しようかと検討しています。そうすれば7MHzも全域カバー出来ますし。夜間の3.5Mは結構好きなんですよね。懐メロも聞こえますし(笑)

ラインナップはこんな感じです。今のところCWはやっていません。VoIPもデジタルもAPRSも無縁ですね。相手がいないという問題もありますが。まあフォーンのシンプレックスでも、まだまだ遊び尽くしていません。ゆっくり構えて楽しむつもりです。


KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

涼規じゅん

  • RT @hinoueitaru: 明日のお品書きですー!お仕事ラフ集なので表紙と中身は関係無いよ(╹◡╹) https://t.co/uZtnooLFxU 13 hours ago
  • RT @mana_mitui: 【告知】前日なので告知させてくださいっ明日のCOMIC1☆11に、あ61a・【リオグランデ】で参加します。新刊と新作グッズありますのでぜひお立ち寄りくださいませー!ポスカの無料配布もあります♪ 詳細→ riogra.jp13 hours ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。