KunadonicLiveSpaceSystem

劇的に変わりました。ロリィタ。私にとっては原点回帰でもあるし、行き着くところの頂点かもしれませんが、ここ数年重ねてきた登山との相性がかなり悪く、登山が停滞気味になりつつあります。かつてのように週1ペースでの登山は、ほとんど現実的ではなくなりましたね。お金と時間の使いどころが完全に変わってしまいました。

それでも登山は辞めたわけではないので、機会があれば。幸い、昨日旧友から登山を再開したとのメールがあり、折り合いがつけばまたどこかに登ろうかと思います。近いうちに。

ロリィタとスケートはそこそこ相性も悪くないですね。着て滑れないこともないですから。なので、スケートについては相変わらずですが、継続的です。

無線はどちらかというと登山寄りですね。なので、登山する機会があればこそ、です。写真は登山ともロリィタとも必須要素。カメラが手放せません。これこそ昔取った杵柄です。

ロリィタについてはそれこそ人生を一変させる出来事があり、それによってTwitterを再開させました。そちらで、これまでこのブログでもWebサイトでも、Facebookやmixiでも明かせなかったことを、明かしました。興味のある方は、Twitterで探してみてください。辿り着けた方なら、その辺りもお分かり頂ける事と思います。現状Twitterだけでの公表です。ブログ等他の場所で公言する予定は全くありませんので。

早いもので今年ももうわずか。占いによると、今年は十数年のうちでも最悪の運勢だったとか。確かに不運も多く、車の大修理に痛い出費。これまで続けてきた登山という充実した趣味が滞り、新たに始めた趣味も出費に悩むものでした。仕事も停滞気味で伸び悩み。人間関係でも大切な人を失ったり縁が途切れたり長続きしなかったり。淀んだ川の流れのように、何かうまく事の運ばない年でした。

でもまあ、大病を患うことなく?あ。副鼻腔炎で通院しましたね。これはきつかったです。その辺りの経緯は過去ログをご参照ください。スケートもまあ、伸びることはなく、あ。これも大コケして腰を痛めて数か月痛みが引きませんでした。靴もついに寿命を迎えるところまで来ていて、これもまた出費の種。

スケートでは、ゆるめのカミングアウトで長年の常連さんと懇意になれました。それなりに親しい方々は多かったですが、長年の趣味としては落ち着くところに落ち着いた気がしています。もう10年、フィギュアスケートを続けています。続けば続くもんですね。

アマチュア無線は車がなかったことも手伝って、完全に停滞気味。これは止めていても消えるものではないですから、運気が回復次第ぼちぼちやります。気合を入れてするものでもないですからね。

ロリィタは人生を大きく変える転機となりました。これも人生が180度変わるような。まさか、カミングアウトに至るとも思いませんでしたね。その結果Twitterを再開することともなり、間違いなく人生そのものが変わりました。ベクトルは変わっていないのですけど。それこそゴシックアンドロリータバイブルはVol.9から愛読していましたし、傍らにはロリィタを誂えたスーパードルフィーの自分の分身がいます。ロリィタを着るフィールドが整っていなかっただけですね。だから、この期に及んで着ることは想定外だったにしても、嗜好そのものは何も変わらず。パンクロリィタは何着か持っていますし、それ以前はPINK HOUSEも着ていました。森ガールや姫系も好んでいましたし。

特にロリィタでは、BABYの皆様には大変お世話になりました。こんな輩に快く接して下さったことは、何よりの幸せです。そこにプライスレスの価値を見出して、新しいライフスタイルも切り開けました。運の悪い逆境だったからこそ、大きな価値があるものとも思います。

それにしても、もういい歳です(笑) いつまでロリィタが続けられるのかわかりません。まだ大丈夫かな。幾つになっても続けるつもりですが。スケートや登山はまだまだ続ける自信はあるんですけどね。ロリィタで寄る年波をどこまで跳ね返せるものか。楽しみでもあり、不安でもあり。

ひとまずは、つつがなく年を越せそうです。それこそ幸いですね。皆様もよいお年をお迎えください。

まあ色々変わりました。まずお金がかかりますね…。こんなにお金のかかる趣味は他にありません。スケートだって登山だって、お金のかかるものはありますが、それはごく一部。スケートは靴だけ。登山は道具と足代。それでもたかが知れています。ロリィタは、何から何までお金が。

スケートは主に時間の投資。登山もまあそんな感じ。投資した時間の分だけ、技が身に付き、遠くの高い山に登れます。ロリィタは全く逆。如何に時間に逆らうか。美貌こそ全てで、何より最大の敵は年齢。ただ幸いなのは、スケートと登山の結果、実年齢マイナス10歳以上の体力と運動能力が身に付いています。これが、40代でありながらロリィタを始められたイニシアチブ。スケートも登山も、伊達ではないのです。

これまでほとんど興味のなかった自撮りの機会が、圧倒的に増えました。自撮りなんて、山頂での記念撮影だけでしたから。何かと写真、何かと自撮りです。今更ながら、自撮り非対応のデジカメで若干の後悔も生じています。登山用に、最小サイズで最高の性能という基準でしたから。自撮りではスマホ一辺倒。

スマホのアプリでレタッチもでき、その場でSNSにアップできます。便利すぎ。デジカメは専ら本気撮り専用です。そうなると、単身では三脚とセルフタイマーが必須。まあ三脚なしでの撮影は登山で慣れていますけど、凡そスマホの自撮りの手軽さには敵いません。フルサイズだろうがサンニッパだろうが、お荷物でしかないのです。

こちらはレタッチなしの無修正。構図が似てしまうのは、腕の長さとレンズの画角の関係。自撮り棒があれば、もう少し変化が出ますけど。

意外なほど参考になったのは、プリクラ。現代のプリクラは物凄く進化していますね。ブースのライティングはもちろん、レタッチに画像加工、おまけにスマホにメールで画像送信まで。この別人具合に最初は愕然としましたが、昔培った撮影技術やレタッチのノウハウが呼び覚まされました。「ああ、これならできる。」

適当に撮影して、いいショットをレタッチ修正、がこれまでの手法でしたが、そうそうすっかり忘れていました。撮影前の作り込み。メイクと画像加工はいずれも当然の作業ですが、どちらにも限界があります。シミやクマはメイクで完全に消すのは難しいですが、レタッチなら簡単に消えます。自然な眉とまつ毛、艶のある唇などはデジタルで作るのは極めて難しく、メイクの決め所です。この辺りがわかるとわからないとでは、やっぱり大違いですね。

多分普通の人は、プリクラでどんな撮影テクニックや加工プロセスがあるのか、なんて考えもしないでしょう。偶々、持ち合わせていた経験で簡単にわかってしまいましたが。

色修正に関しては、トーンカーブですね。基本的に上弦ですが、RGBそれぞれをR>B>Gの強さで微妙なSカーブにすると、プリクラのぶっ飛びハイライトになります。後は、スポット修正でシミやクマを消し、エアブラシでメイクを盛れば完成。プリクラで得られた貴重なプロセスです。

同時に、メイクの勉強にもなりました(笑) レタッチにも限界があります。元が良ければ当然修正も少なくて済みます。写真撮影が目的なら、舞台メイクくらい盛ってもいいんですよね。写真にして映えるのはそういう被写体。ナチュラルでも撮れなくはないですが、平凡な記録写真になってしまいます。そういう目的の撮影なら兎も角、ポートレートとしては駄目でしょうね。

プロ時代は、ヘアメイク担当もアシスタントもいました。専ら撮るだけでした。自撮りを通じて、メイクとアシの重要性を痛感しています。まさに今更ですけど。

多趣味は生来の性格故ですので、勿論今に始まった事ではありませんが。ただ何事も成就できず時間と金銭を無駄に投資するのは目に見えていて、若い頃にひとつの基準を設けました。

5年以上、できれば10年は続けること。

これが、最低条件です。10年続けられる見込みが立たないものには、手を出しません。PSOもそのつもりでしたが、運営が終了させてしまいました。こればかりは不可抗力。以来、ネトゲは10年続かないと判断し、全て辞めました。

フィギュアスケートは、達成しました。趣味としては勿論、自分の満足できる域にはあります。体が許す限り今後も続けます。

登山はまだ道半ばで2010年からです。アマチュア無線は既に10年を越えています。愛車遍歴もまた同じ車に24年乗り続けています。続ければ、続くもんですね。

ロリィタは、これまでの中で最も難しいと感じています。これは間違いなく、年齢や容姿との終わりなき闘いですから。10年続けられる自信なんてありません。願望は強烈ですが。為せば成る、これまでの趣味とは比較になりません。本当に難しいです。だからこそ、面白いんでしょうけど。

ゴシック&ロリータバイブルVol.62に、載りました。写真も載りましたので、探せば見つかるでしょう。記事の内容や所感は控えさせて頂きます。かなり勇気を必要としたカミングアウトでしたが。どうせ載らないとか思っていたのに載ってしまい、ある種の方針転換さえ迫られた気分ですが、まあ自分の本質は何も変わりませんので。いいキッカケにもなったかと。

六本木で開催中のマリーアントワネット展に行ってきました。凄いですね。写真撮影の出来る部屋が一室ありました。カメラを持って行かなかったことが悔やまれます。まだ期間もあるし、ミュージアムショップに欲しい物があったのでもう一度行こうかな。

今でこそ何かに追われるようにロリィタ服を買い続けていますが、その心は相当以前からロリィタだったと確信はしています。抑圧、規制、偏見、差別、あらゆる抵抗を排除し乗り越えて、ここに辿り着きました。幼い頃から口にはできずとも、夢と願望だけは尽きることがなく、幻影が蜃気楼のように現れては消え。

バイブルもかなり以前から愛読していましたが、自分が着るとは思っていませんでした。当時は普段着る服にさえ自信がなく、中途半端な心持ちでしたから。

そういえば、このblogに限らずネット全般では、カミングアウトしていませんでしたね。決して仮想の自分でなく本質的な本人ですが、バーチャルなポートレートを描きながら自分自身を掘り下げて、やっと見えてきた自分自身だったのでしょう。誰かのための自分でなく、自分のための自分に、ようやく成れたのです。

マトリックスのような、願望を現実に出来るバーチャル空間ですから、現実がカミングアウトしたからといってそれに迎合する必要性は全く感じていません。その逆は往々にしてあったのですけど。リアルベースのSNS、特にFacebookではリアルの自分が大前提になっていて、こことは当初切り離していました。ところが少しずつバーチャルとリンクさせていくことで、意図しないカミングアウト状態も少しずつ露見します。これはむしろ幸いでした。自分が苦労したり悩んだりすることなく、勝手に他人様がそう受け取り、解釈されてくれるのですから。

結局、リアルだろうがバーチャルだろうが、自分は自分らしくいればいい。そう気が付かされました。

ロリィタの現状には、それなりに不安も不満もあります。特に差別や偏見。自分達がそれに晒され苦労してきているのに、同じ仲間にその矛先を向けて救いようのない不和が生じたり。本当に好きなのに、周りが離れてしまった結果自分から一人で着て出掛ける勇気がなかったり。歳を取り、体型が変わり、結婚して子供が生まれたり。ブームの再来があるかどうかはわかりませんが、増える数よりも減っていく数の方が多い昨今。数多くあった地方の店舗も相当少なくなりました。

そんな中で、自分が出来ること、自分にしか出来ないことがあるような気がして。そう思いながら、バイブルへ投函しました。何が出来るのかなんて全くわかりませんけど。ただ、何もしないで現状を傍観するのだけは、耐えられませんでした。私には、他の皆様と比べれば、時間がないのです。

本当に泣きたいことは沢山ありました。

人が相手。しかも子供。性格的には性に合っていた仕事でしたが。コスプレにアニソンバンド、オタクの分野に精通していたので、子供との意志疎通には役立ちました。子供を笑わせることそのものは、何ら難しくありません。おすましから爆笑まで、創り出せました。でもまあ、本音は「撮る」より「撮られる」方が望みだったのでしょうけど。

必要なものはほとんど既に持っていましたが、最後の最後まで手に入らなかったものは、子供の心をつかむことでした。技術的には可能でも、相手は子供。泣く子を笑わせるというとんでもない人間性が要求され、ここで深い自己嫌悪に陥り、父が死んだ際に患った鬱病が再発しかけました。そして、その頃に出会ったデジタルとネットの分野に転向し独立、それから約二十年。

写真は必然と偶然のハーモニー。必然は真実でもあり、素描でもあり、神の領域でもあります。偶然は、切り取られた瞬間だけでなく、季節や悠久の時の流れという大きな時間でもあり、人の心の変化もまたその対象。必然だけなら記録写真、風景写真、証明写真です。偶然なら、報道写真、スポーツ写真、自然の動物写真などあります。それぞれに極端な写真の需要ももちろんありますが、多くはその必然と偶然の両方が介在することで、静止画である「写真」に「動き」が写り混みます。

全て揃っていますから、自らが道化になれば、被写体の必然も偶然も思いのまま。それを切り取りさえ出来るなら。三脚とセルフタイマーでも可能ですが、リアルタイムでないため偶然性がかなり削がれます。なので、自撮りでも信頼できるカメラマンは別に必要ですね。

人の表情は、1/10(0.1秒)で変化します。それを切り取るには、ファインダーで狙わなければ駄目なんですね。歯がキラリとか、微かなウインクや流し目、絶妙なアルカイック等々。子供と会話しながら表情を創っていた時代は、そんな一瞬を話術や遊びから導き、撃ち抜いていましたね。

しかし一番難しい被写体でもありました。動くものでも動物や乗り物の方が遥かに楽。勝手が分かり演技のできる大人ならまだしも。もう二度と撮りたくない難しい被写体ですが、最も絵になるのも、そうした被写体です。
今となっては泣き言も良い思い出。そんな経験があるからこそ、今の「絵」に繋がっています。

車の修理代が、中古での購入価格の数倍になりました(笑)。それでも安い方だとは思いますが、何もないところからお金を工面するのには時間を要しましたね。そして来月には車検です。合計で40万円近くが飛ぶ計算です。車って本当にお金がかかりますね(泣)。

車に乗らない分のガソリン代や高速代が費用に回せますから、それだけで半分くらいは工面できます。その他、常用していた出向時の特急やライナー利用を止めて私鉄(京王線)へシフト。毎晩のワインも千円台から500円台のテーブルワイン。外食を控えて登山も原則中止。そんなこんなで約四ヶ月、車は帰ってきました。

さて車検です。整備済みですから自力で24ヶ月点検さえすれば、車検場持ち込みのユーザー車検で諸費用は皆無。重量税と自賠責保険だけで済みますが、それだけでも8万円。そう考えると、車は乗らなくてもお金がかかります。 車がなければロリィタ服とか自転車とかカメラとか、色々買えましたね…。でも登山をするにはかなり必要ですし、ロリィタでも何かと便利。スケートリンクに行くにもほぼ必須。贅沢品ですが充実した生活には欠かせません。しかし、車が戻ってきたのに諸経費のために乗れないというのも、何だか虚しいです。

車が壊れさえしなければ、こんな悩みもなかった訳ですが。まあそれを言ったら元も子もないので、やめましょう。

さて、巷はハロウィンですね。

私の子供の頃にはそんな習慣もなく、世界的にもカトリックではやりませんし、北欧でもほんの一部。盛んなのは商魂豊かなアメリカですね。日本では子供の祭というより、コスプレがメインのストリートフェスティバル、でしょうか。広く浅いオタク文化を地盤に、公でも大手を降ってコスプレができる願ってもないイベント、そんな風情ですね。

ロリィタでもハロウィンを歓迎するムードはありますが、特にブランドによって大きく差があります。確かに首都圏ではそれなりでしょうけど、地方ではどうでしょうね。ましてや、ロリィタとコスプレは水と油の関係。ハロウィンのためにロリィタをするのは、ライブだけでロリィタをするのと同じ、つまりはコスプレであってロリィタではない、という強い観念も感じ取れます。反対に、ロリィタにハロウィンのデザインを取り入れて、この時期に合わせたロリィタ服も見られるようになりました。

異質な感覚も少からずあります。だって、ハロウィンのためにロリィタを誂えるその感覚には、それまで頑なに拒んできたコスプレに近づくような違和感が、あるんです。これまでにも、仮装とロリィタをミックスさせた方々はいらっしゃいました。ただ何となく、一時的な仮装は普遍性に乏しいファッションと思えましたし、実際チープな仮装程度のそれを、ロリィタと同等に扱うことへの細やかな反感は隠せません。

結局、私自身は仮装をモチーフにしたロリィタ服を買いました。本当のハロウィン柄ですと、今月一杯しか着られません。仮装モチーフならまあ通年着られますから。

いえ本当は、ハロウィン柄も欲しかったんですよ。とても可愛いし。まあお金が、ね。

そんなこんなで、取り敢えず今月末までは自宅軟禁。自転車で、ロリ服着て近場のどこかでウインドウショッピング、でしょうか。車にかかるお金に翻弄された半年でしたが、幸い大きな痛手もなくロリィタもスケートも登山も続けられそうなので、安堵しています。もうしばらくの辛抱ですね。

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

2017年3月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

涼規じゅん

  • なんか色々小難しい話がたくさんあって、あほなんで訳わからんのだけど、自分なりにがんばらんとね。後悔しないように。 12 hours ago
  • 今週末か来週すぐ、また暫く東京行きます。会えそうな友達はまたよろしくねー(*´ω`*) もう少し遅ければ同人イベントとか色々あったっぽいので残念~… 12 hours ago

カギの救急車 Facebookページ

橋本シルク工芸

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。