KunadonicLiveSpaceSystem

連載企画 富士山頂を目指そう!Vol.11ですよ

Posted on: 2013年4月30日

今回は、高尾山の次の山と題してみます。

高尾山から、とりあえず奥高尾の陣馬山まで登り、さて別の山に登ってみたいなと思った時。高尾山周辺で同じ程度の標高差、楽しめる山などをご紹介します。その前に、高尾山の特殊性について語っておきたいと思います。

昭和30年代の登山ブームの頃は、ある程度知れた山なら大抵、山頂には茶店があったりしました。東京なら、浅間嶺に川苔山など、今ではお店など跡形も無い山にもありました。それが今でも大繁盛し続けている山が、高尾山から陣馬山までの、いわゆる奥高尾山稜です。高尾から始まり、もみじ台、小仏城山、景信山、明王峠、陣馬山と、至れり尽くせりです。かつては小仏峠にも茶店がありましたね。

価格にプレミアがついていますが、食事や飲み物に困ることはありません。高尾山槐は食事を持参しなくとも現地調達できますね。

これは、山小屋の整備された人気のある山なども含め、かなり例外的です。山は基本的に、お店などありません。こうした店舗が整備されているのは、ケーブルカーやロープウェーなどが整備されている、観光地化された山に限られます。山小屋があったにしても、行動食や携帯食などをも依存するには些か無理があります。富士山も基本的には、食料を携帯するべきです。山に登る際は、非常用の食料も考え、原則として持参します。この高尾山の常識で以降の山を考えないように、ご注意下さい。

さて、まず高尾山近辺で同程度から、それなりに楽しめる山をご紹介しましょう。

●石老山
 IR高尾駅の次の駅、相模湖駅から登ります。高尾山と同じく、寺院の境内と渾然一体のいわば霊山です。周囲10mを超える巨大な岩が見所で、相模湖を一望できる眺望も期待できます。コースを相模湖のダムから歩けば、低山ながら自然豊かな相模嵐山を経由して縦走できます。帰りは歩いてもOKですが、バスもしくは、相模湖を渡し舟で渡るという他にはない楽しみ方も出来ます。

●岩殿山
 JR大月駅からすぐ。巨大な岩場のある低山ですが、かつて山城としての栄華を誇っていました。史跡、難所、眺望の三拍子が揃った楽しい山です。途中の兜岩の鎖場はスリルたっぷり。

●仏果山~経ヶ岳
 神奈川県の新たな水瓶、宮ケ瀬湖の東に位置する山塊。展望台から宮ケ瀬湖を一望でき、その向こうに聳える雄大な丹沢が素晴らしいです。

●御岳山~日の出山
 ケーブルカーのある観光地ですが、高尾山同様登山者の人気も高くてルートも豊富です。日の出山は眺望が素晴らしいです。

●大岳山
 この山のルートも大変多く、難易度の高目のものもありますが、御岳山から続けて登るのが最も手軽でしょう。そういう意味では気楽に挑戦できる山です。そして何より、東京で最も目立つ山だけに、他の山から大岳山を簡単に見つけられることから、印象深い山となるでしょう。

●川苔山
 奥多摩の人気の山ですが、少し奥まったところにあり、ある程度足に自信がついてからが良いかと思います。百尋の滝や苔生した川の源流など、優美な自然を堪能できます。

●塔ノ岳
 丹沢で最も人気のある山でしょうね。ヤビツ峠・表尾根から登り、大倉尾根というのが定番です。高尾山と比べるとかなりのハードルートですが、富士山に挑むなら絶対に登っておくべき山です。

●三つ峠
 巨大な富士山を目の前に出来る、富士見で最も有名な山でしょう。太宰治の随筆にもこの山が登場します。

●鷹ノ巣山
 奥多摩の山で、東京都最高峰の雲取山に続く石尾根の途中にあります。頂上付近にカヤト(草原)を抱え、素晴らしい眺望です。

●大菩薩嶺
 この峠の名の、未完の長編小説で有名です。大和時代にまで遡る古甲州道の峠道です。甲府盆地を一望でき、南アルプスや富士の眺めも素晴らしいです。百名山の一つ。

 概ねこんな感じでしょうか。季節や天候によっては、難易度も大きく変わりますが、概ね標高差1000m程度で、行動時間が6時間前後と考えて選びました。上の方が難易度が低めです。順番的にも、何となくこんな感じで少しずつ山の標高や難易度を上げていけば、徐々に技術や体力を向上できると思います。

 もちろん、必ずしもこれに従わなくても構いません。自分の力量含めて、登りたい山にどんどん挑んでみて下さい。その興味こそ、山で必要な準備を揃えていくトレーニングになります。天気や山の情報を参考にしながら、必要なものをイメージしてみて下さい。そのベースとなるのが、これまで登ってきた経験です。たかが高尾山でも、「あの斜面であんな道具があったらいいな」とか、「こんな行動食、水分補給が出来たらいいな」とか、色々とあったかと思います。そのイメージを大切に、少しだけ難易度の増した山に挑むわけです。

月に到達したアポロも11号に至るまでに、10回もの試作、試験飛行がありました。月を周回して帰ってくるミッションもあったんですよ。どんな偉業も、ステップバイステップです。焦らず、確実に、楽しみながら進めていきましょう。

 次回は、万が一の非常装備です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

KunadonicLiveSpaceSystem

 岐神葵のぼうけんのしょ。

 岐神葵のブログらしいです。
「事実は小説より希なり」
 架空の人物の閉じた世界のありえない話なんかより、何百倍も面白いリアル体験。そんな人生を目標に、意味不明な挑戦と挫折を繰り返しています。

KunadonokamiAoi-岐神葵

2013年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

涼規じゅん

  • UPした写真、全部私の使い込んだガラケーからだけど…。スマホになったら写真めっちゃ綺麗だって聞いてるから羨ましいな(;'∀') このご時世にまだもうちょっとガラケー継続の予定です(;^_^A 3 days ago
  • これで東京以外での遠方のお出掛けはしばらくないかなー…。しんどくなったときは動物写真見返して乗り切るのだ…!(;^ω^) 3 days ago

RSS カギの救急車Facebookページ

  • エラーが発生しました。フィードがダウンしているようです。あとでもう一度やり直してみてください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。